好きなように生きます

アクセスカウンタ

zoom RSS 死んでも治らない病

<<   作成日時 : 2013/10/11 01:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


 どうやら今年は『碁的』の発行も『IGO FESTIVAL』の開催も無いようですね。正式な発表はまだだと思いますが、この時期になってもまだ予告も無いこと、それから個人的に耳にした情報から判断して、間違いないようです。囲碁フェスには何度か足を運んで楽しく過ごさせてもらいましたし、折角のこうした試みが停止するのは、やはり寂しいものがあります。



 しかし、私はこの事態は予測しており、囲碁SNS『goxi』でもその旨を何度も指摘していました。既に退会しているため具体的な記述内容の詳細までは再現できませんが、要旨としては、「『碁的』や『囲碁フェス』などの最近の囲碁普及活動は、所詮は既存の囲碁ファンが身内で盛り上がっているだけで、実際上の普及効果は認められない。新しいことをやろうとする気概はいいとしても、身内ノリであることに気付き修正しなくては、効果も無いだろうし企画自体もどこまで継続できるか疑わしい」というものです。これに対して、予想通りたくさんの批判をいただきました。ほとんどが「ボランティアで一生懸命やっている人達に失礼だ」という感情論であり、こうした反応が来ることこそまさしく囲碁界が「身内ノリ」でしかないことを皮肉にも証明していました。そんな中、少しだけ言及するに値する批判がありました。これも大体の記憶でしかありませんが、「身内ノリだろうと、楽しく一生懸命やっていたら人は集まる。囲碁フェスで、小さな子供とお母さんが一緒に入
門コーナーで打っていた。見るだけで幸せな光景だった」というものでした。
 私の反論はだいたい以下のとおりです。「あなたがそうした光景に感激されたことは素晴らしいことです。しかし、それが普及活動としてどれだけの効果をあげているのかは別の話です。いやしくもお金と労力をかけて都心で大々的にイベントを開けば、興味を抱く通りすがりの未経験者もいるでしょう。しかし、それがどれだけの人数いて、またその後も囲碁に興味を持ってくれることにつながるかどうかを考えなくては、普及効果があるか否かは語れません。『こういう素晴らしい光景が見られた!』という話をいくら強く語ったところで、それは普及効果とは別なんです」



 我ながら実に的確な指摘でしたが(笑)、要は、どんな活動であれ、人を集める効果は「少しくらいは」あります。マルチやカルトもなんだかんだで人を集めているわけですからね。しかし「普及効果がある」と言うためには、「それ相応の」効果がなくてはいけない。ですが、活動をしている人やその周りの人というのは、えてして「少しくらい」の効果を過大に評価してしまうのです。目の前で光景を見て実感しているわけですから、無理もないことです。しかし、これこそがまさしく「身内ノリ」の最たる表れであって、このノリでは「それ相応の」効果が無いことに気付かない、認めたがらない。そして本来の目的だった効果をあげられなかった活動は、近いうちに休止に追い込まれます。



 まさしく今回がそういうことです。あるいは、目的の効果はあげられたのに、活動を維持できなかったということでしょうか?その場合は、「結果を出せても出せなくてもそもそも最初からダメだった」ということであり、そんな活動を始めるのはもっと愚かです。さすがにそこまで酷くは無いだろう、と一応考えておきます。と言うわけで、結局のところ十分な効果があげられなかったからこうした状況になったわけですが、先ほどの批判者はこの状況をどう考えているんでしょうか。「身内ノリでも人が集まる」なら、スポンサーなりボランティアなりが現れそうなものなのですが。



 なんにせよ、結局は私の指摘は的確なものだったということです。ですから批判者の皆様はご自分の不明を恥じることが必要であり、私に対して謝罪の一つもあっていい(笑)しかし、そうしたことは期待していません。彼らのような批判者はこのエントリーに対してこう言うでしょう。「人の失敗を喜ぶな!」と。



その「失敗」を防げなかった、あるいは軽減できなかった理由こそが自分達の「身内ノリ」なんですが、絶対にそこに気付かない、認めないんだから、ある意味幸せでしょう。とは言え、そうやっていても現実は確実にやってきます。そのときはせいぜい嘲笑うことにしましょう。と言いますかまさに今、嘲笑っていましたね(笑)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
陽の目を見ないボードゲームがいくらでも在るなか囲碁は十分普及してると私は思うのですが日本棋院の目標が分かりません。
マップ
2013/10/11 05:24
目標がよく分からない、というのは極めて本質的なご指摘です。これ以上ファンを増やしたいのだとしても、「なんのために、どんなファンを、どれくらい」増やすのかという視点が無く、「どう増やすか」という方法論ばかりが語られる点に最大の問題があります。これは普及に関与しているファンも同じですが。
海原
2013/10/11 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

サイト内ウェブ検索

死んでも治らない病 好きなように生きます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる